初心者ダイバーの気持ちダイブログ>ケラマのログ

伊豆の海中待受
初心者ダイバーの気持ち 〜スキューバダイビングの不安や疑問〜
ダイバーになる前 ダイバーになる時 ダイビング費用計算
沖縄 ダイビングログ 伊豆の海中壁紙
水中デジカメ 器材 最近のblog
アクセスランキング 耳抜き 前のblog


ダイビングログメニュー
場所別ログ年別ログ月別ログ
  • ケラマ
  • 三宅島
  • 井田
  • 伊東
  • 伊豆海洋公園
  • 初島
  • 勝浦
  • 城ヶ島
  • 大瀬崎
  • 琴ヶ浜
  • 逗子
  • 雲見
  • 2001年のログ
  • 2002年のログ
  • 2003年のログ
  • 2004年のログ
  • 2005年のログ
  • 2006年のログ
  • 2007年のログ
  • 2008年のログ
  • 1月のログ
  • 2月のログ
  • 3月のログ
  • 4月のログ
  • 5月のログ
  • 6月のログ
  • 7月のログ
  • 8月のログ
  • 9月のログ
  • 10月のログ
  • 11月のログ
  • 12月のログ

  • ケラマのログ

    ケラマ12  2004年7月1日(木)  このページのtopへ
    日付場所天気気温水温透明度保護スーツ
    2004年7月1日(木)ケラマ晴30℃南東-強28℃30m5mmスーツ

    凄い流れ!

    ブリーフィングでガイドの人が 「流れているので絶対にロープから手を放さないでください。流されてしまった時は無理せず浮上してボートに拾ってもらってください。」 と言っていたのを聞きかなりビビってしまいました。実際エントリーしてみると本当に凄い流れで、 ロープにつかまっていると鯉のぼりみたいになりました。 その流れを、海底を這いながら進んでいきました。 その時のコツとして岩をつかんで腕の力だけで進みフィンを使わないようにするとエアーの消費が少ないそうです。
    ハタタテハゼ
    ハタタテハゼが沢山いて楽しかったです。 ハタタテハゼは穴を掘って巣を作っていて、 巣のすぐ近くで、旗のような背びれをチョコチョコと動かしホバンリングしています。 姿がとてもかわいいです。

    ボートは凄い揺れ!でも酔わない

    ボートは凄い揺れでした。カメラをしっかり手で持っていないと転がり落ちて壊れてしまいそうです。 しかし、これだけボートが揺れているのに酔わないところを見るとやっぱり慣れているようです。 確かに、ボートに対する恐怖はかなり少なくなっていて、自信もついているようです。
    弱肉強食
    キビナゴみたいな小魚の群れをツムブリやイソマグロ・カスミアジなどが食べに来ていました。

    費用

    ケラマ18  2005年7月1日(金)  このページのtopへ
    日付場所天気気温水温透明度保護スーツ
    2005年7月1日(金)ケラマ晴30℃南-中27℃30m5mmスーツ
    ボートで移動中カメの交尾シーンを目撃してしまいました。 カメは海面まで上がってきてするそうです。写真を撮ろうかと思ったのですが、慌てていて撮れませんでした。

    アンカー無いの??

    アンカーがあるとゆったりと潜れて楽しいのですが、 昨日からなぜかアンカー無しで潜行浮上するようになってしまいました。 アンカー無しで潜る時は合図で一斉にエントリーして 素早く船から離れます。そして船との距離が十分取れたのを確認してから ガイドさんの合図で潜行します。 これがなかなか緊張感があって、ドキドキしてしまいます。 そう言うところは流れがあったりしてさらにドキドキしてしまい。 海底に着いてからしばらくの間は息が上がってしまっています。 こういうスタイルに慣れることが出来るのでしょうか・・・。

    オニヒトデ

    ガイドさんはオニヒトデを見つけると潰していました。 2年前は網に入れて土に埋めていたのですが、 最近はその場で潰したり切り刻んだりするようです。 オニヒトデは強くて半分に切ったくらいでは死なないそうで、 内蔵を魚に食べさせて再生出来ないような感じにすると良いそうです。 それまではその様子を見てるだけだったのですが、 オニヒトデが沢山あったポイントがあって、 ガイドさんや常連さんが一所懸命退治している姿を見て自分も退治してみたくなりました。 「退治したくても道具がないな・・・。」と思っていたところ、 ちょうど良いところに 使えそうな死んだサンゴがありました。 それを使ってほじくり出して退治のまねごとをしてみました。 今まで必要性は感じなかったのですが、つんつん棒買っちゃおうかなと思いました。
    下調べこの日撮影した壁紙費用
    6/25 費用

    ケラマ13  2004年7月2日(金)  このページのtopへ
    日付場所天気気温水温透明度保護スーツ
    2004年7月2日(金)ケラマ晴30℃南-強28℃30m5mmスーツ

    カメだらけ

    潜ってみたらカメだらけでした。エントリー直後に泳いでいるカメを目撃して、 珊瑚のところで休んでいるカメを見たり、こちらに向かってくるカメを目撃したりしました。 カメ三昧という感じです。

    付けてて良かった残圧計

    私の持っているデータトランスプラスと言うコンピュータは無線で残圧も表示されるため レギュレターに残圧計を付けていませんでした。 ボートの上でコンピューターを手元に持っていないままセッティングして、 残圧を確認しないままエントリーしてたことも良くありました。 しかし、このコンピュータは急に残圧が表示されなくなったりしたので、 用心のため去年の暮れにレギュレターに残圧計もつけました。 最近コンピュータの調子が良いので「残圧計つけなくても良かったかな」と思っていたのですが、 今日、渡されたタンクが残圧120で、セッティング中に気が付き交換してもらうことが出来ました。

    さらに揺れる

    台風が台湾に上陸してそのまま大陸方面に上陸するのかと思ったら、沖縄方面に向かってきました。 なので、今日も凄い揺れました。 風も強くなり段々とひどくなっていくようです。 「潜りながら、明日の那覇行きの船出るかな?」と心配になりました。

    費用

    2001年7月3日(火)  このページのtopへ
    日付場所天気気温水温透明度保護スーツ
    2001年7月3日(火)ケラマ晴33℃27℃30m5mmスーツ
     心のふるさと沖縄に戻ってきました。この前は那覇からケラマに潜りに来ていましたが、長いことボートに乗っていると気持ち悪くなるので 今回は渡嘉敷島に宿を取り潜ることにしました。渡嘉敷では1本目を潜って宿で昼飯を食べて部屋でちょっと昼寝をして2本目に潜りに行くスタイルなのでとっても楽ちんです。
     やっぱり沖縄はキレイ。魚も色とりどりでした。船の上からだけどウミガメを見られました。ふくれたハリセンボンが見られたことは嬉しかったです。今日潜ったあと初めて鼻血が出ませんでした

    費用

    ケラマ19  2006年7月3日(月)  このページのtopへ
    日付場所天気気温水温透明度保護スーツ
    2006年7月3日(月)ケラマ晴30℃南西-弱28℃30m5mmスーツ
    台風が来ているので砂が舞っていたりするのかなと思っていたのですが、そう言うこともなくとても透き通った明るい海でした。 水中では「伊豆で見たら凄い」と言われる魚たちが普通に泳いでいて、誰にも見向きもされない存在になっていることにちょっと面白さを感じたりしました。

    マスクずれる

    青い海だ〜!!と感動したものの、「アンカー無しのエントリーで素早くエントリーしてください」と聞いて慌て 「横波で船が揺れます」とグラグラ揺れる船でよろけながらエントリーしたら手でマスクを押さえるのを忘れて、 マスクがおでこにずれてしまいました。レギュレターはくわえていたので、何事もなかったようにマスクを直して潜行を開始しました。 しかし、エントリーでマスクがずれたことなんか初めてなので、水中でも動揺は続いていていつもよりも呼吸が荒く落ち着かないダイビングになりました。

    カメの食事

    今までじっとしているか、逃げていくカメしか見たことがなかったのですが、今日は食事に夢中のカメを見ることが出来ました。 岩に生えた海藻を食べているようでした。

    サーモクライン

    伊豆で冷たい海水と温かい海水が混じり合っているのは良くありますが、慶良間で始めてそれを体験しました。 実際の温度はよく分かりませんが、もの凄く冷たかったり、暖かかったりでとても温度差があるように感じられました。

    ゲロッ

    船の上が結構揺れていたので、船に上がった瞬間気持ちが悪くなったりしました。 しかし、あっという間に船が港に着き船を下りたら治ったので、大事には至りませんでした。
    この日撮影した壁紙費用
    アカモンガラ タテジマキンチャクダイ 隠れ中 クマノミ オニヒトデ ウミガメ ウミガメ ハマフエフキ キンギョハナダイ キンギョハナダイ キンギョハナダイ グルクン 費用

    2001年7月4日(水)  このページのtopへ
    日付場所天気気温水温透明度保護スーツ
    2001年7月4日(水)ケラマ晴/雨33℃27℃20m5mmスーツ
    今日は午前中1本しか潜れませんでした、なんと台風が来ているらしいです・・・昨日と違って海が荒れていました。ガーデンイールという ムーミンにでてくるニョロロみたいな奴をいっぱいいました。とってもかわいい。今日もハリセンボンを見ました。よく見るとここにもあそこにもハリセンボン・・・ ガイドの人に聞くと今年はハリセンボンが大発生しているらしいです。今日の収穫はウコンハネガイを見たことでした。しかしまたその価値が分かりませんでした。

    費用

    ケラマ20  2006年7月4日(火)  このページのtopへ
    日付場所天気気温水温透明度保護スーツ
    2006年7月4日(火)ケラマ晴30℃南西-弱28℃30m5mmスーツ

    日焼け

    やはり、沖縄の日差しはキツいです。腕と背中から首の後ろが真っ赤になってしまっています。 ウエットスーツのチャックを閉める時、背中の皮膚がバリバリで痛い。 水中では首の後ろがウエットスーツと擦れて痛いです。

    マクロ?

    慶良間なのにクマドリイザリウオを見に行きました。 イザリウオを見に行くなんて伊豆っぽいなと思ったのですが、

    やっぱりワイド

    その後洞窟をくぐって光のカーテンを見たりするとやっぱり慶良間っぽかったです。 で、その洞窟をくぐる時にファーストステージをぶつけたりしました。 頭をぶつけなくって良かったです。

    デバスズメダイ

    キンメモドキが沢山いるポイントへ行こうとしたのですが、 遠泳大会をしていたのでデバスズメダイを見に行きました。 サンゴの周りに沢山泳いでいて、危険を感じると一斉にサンゴの隙間に隠れる行動を繰り返しているのですが、 何度見てもずーっと見てても飽きません。

    しかし、白い砂が綺麗です。
    この日撮影した壁紙費用
    ハナビラクマノミ クマドリイザリウオ ミナミキントキ 洞窟 アカハチハゼ 光のカーテン 光と魚 ヨスジフエダイ 光と泡 クマノミ アカククリ カスミアジ イザリウオ デバスズメ ヨスジフエダイ サンゴ再生中 ユカタハタ ハナビラクマノミ ウミヘビ 費用

    ケラマ21  2006年7月5日(水)  このページのtopへ
    日付場所天気気温水温透明度保護スーツ
    2006年7月5日(水)ケラマ晴30℃南西-弱28℃30m5mmスーツ

    今日で終わり

    やっぱり台風が来ています。「明日のダイビングは無理です」という宣告を受けてしまいました。 しかも、明日フェリーは出るとは思うけど、万一出なかったら3〜4日は渡嘉敷に缶詰・・・。 と言う状況です。安全策をとって今日17:30発のマリンライナーで那覇に戻ることにしました。

    一転

    本当は明日も明後日も潜ることが出来てノンビリした1日になるはずなのですが、 器材を洗って乾かして梱包して・・・今日泊まる那覇の宿の予約して、 飛行機も予定通り飛ばない可能性があるので、予約の変更をして・・・、と一気に忙しい日になってしまいました。

    海の中はやっぱり綺麗

    と言う事はおいといて海に潜ったのですが、キンメモドキの群れを見ました。 キンメモドキの群れを見ているといつの間にか、上を見ても横を見てもキンメモドキがいて自分も群れの一員になっているようでした。 しかし、キンメモドキの群れのほとんどは大きい魚の餌になってしまいます。 今回もカスミアジの豪快な捕食シーンを目撃出来ました。一瞬の出来事なので撮影は出来ません。
    この日撮影した壁紙費用
    クマノミ ウミガメ コバンザメ アカモンガラ ハマフエフキ 「し」 ネッタイスズメダイ グルクン トゲチョウチョウウオ ボートの底 泡 白い砂地 クマノミとキンメモドキ キンメモドキ カスミアジ ホシテンス 費用

    2001年7月6日(金)  このページのtopへ
    日付場所天気気温水温透明度保護スーツ
    2001年7月6日(金)ケラマ雲30℃28℃30m5mmスーツ
    おとといの午後、昨日1日、今日の午前と4本台風のせいで潜れませんでした。でも、ゆったりとした渡嘉敷島の生活を ちょっと体験出来た気がして。とても楽しかった。今日も本当は潜れない予定だったのだが、「どうして潜りたい!」という人々がフェリーで来たので その人達のおかげで潜ることが出来ました。ガイドの人は今日は濁っていると盛んに言っていましたが、私には綺麗な海に写りました。沖縄の人は贅沢〜 港に帰る途中海沿いの切り立った崖にヤギがいました。渡嘉敷のヤギはたくましいと思いました。

    費用

    周辺の宿泊施設

    【e-Hotel】国内7,000軒の宿をネットで予約OK!!【JTB】
    【JTB】沖縄のおすすめ旅館・ホテル

    那覇の施設一覧

    ホテルピースランド・・・離島への玄関口、泊ふ頭ターミナルのそばです。


    関連リンク

    沖縄県渡嘉敷村オフィシャルホームページ
    那覇から35分で行けるオススメ離島、とかしきの公式サイトです。

    国際気象海洋(株)沿岸波浪予想(気象庁発表)
    波の様子がわかりやすく色分けされています。
    この地域の天気予報

    All About [沖縄]
    All About [ビーチリゾート]
    All About 旅の便利・お得情報

    Click for Naha Island, Japan Forecast

    オススメ本

    ダイビング関連書籍・DVD沖縄
    ダイビング関連書籍・DVD沖縄MAP
    ダイビングログメニュー
    場所別ログ年別ログ月別ログ
  • ケラマ
  • 三宅島
  • 井田
  • 伊東
  • 伊豆海洋公園
  • 初島
  • 勝浦
  • 城ヶ島
  • 大瀬崎
  • 琴ヶ浜
  • 逗子
  • 雲見
  • 2001年のログ
  • 2002年のログ
  • 2003年のログ
  • 2004年のログ
  • 2005年のログ
  • 2006年のログ
  • 2007年のログ
  • 2008年のログ
  • 1月のログ
  • 2月のログ
  • 3月のログ
  • 4月のログ
  • 5月のログ
  • 6月のログ
  • 7月のログ
  • 8月のログ
  • 9月のログ
  • 10月のログ
  • 11月のログ
  • 12月のログ



  • 初心者ダイバーの気持ちダイブログ>ケラマのログ
      
    伊豆の海中待受
    初心者ダイバーの気持ち 〜スキューバダイビングの不安や疑問〜
    ダイバーになる前 ダイバーになる時 ダイビング費用計算
    沖縄 ダイビングログ 伊豆の海中壁紙
    水中デジカメ 器材 最近のblog
    アクセスランキング 耳抜き 前のblog

    Thursday, 28-Aug-2014 14:38:07 JST