初心者ダイバーの気持ちダイブログ>海洋公園のログ(10月)

伊豆の海中待受
初心者ダイバーの気持ち 〜スキューバダイビングの不安や疑問〜
ダイバーになる前 ダイバーになる時 ダイビング費用計算
沖縄 ダイビングログ 伊豆の海中壁紙
水中デジカメ 器材 最近のblog
アクセスランキング 耳抜き 前のblog



ダイビングログメニュー
場所別ログ年別ログ月別ログ
  • ケラマ
  • 三宅島
  • 井田
  • 伊東
  • 伊豆海洋公園
  • 初島
  • 勝浦
  • 城ヶ島
  • 大瀬崎
  • 琴ヶ浜
  • 逗子
  • 雲見
  • 2001年のログ
  • 2002年のログ
  • 2003年のログ
  • 2004年のログ
  • 2005年のログ
  • 2006年のログ
  • 2007年のログ
  • 2008年のログ
  • 1月のログ
  • 2月のログ
  • 3月のログ
  • 4月のログ
  • 5月のログ
  • 6月のログ
  • 7月のログ
  • 8月のログ
  • 9月のログ
  • 10月のログ
  • 11月のログ
  • 12月のログ
  • 海洋公園のログ(10月)

    2002年10月5日(土)  このページのtopへ
    日付場所天気気温水温透明度保護スーツ
    2002年10月5日(土)海洋公園晴25℃23℃8m5mmスーツ

    戦後最大の台風

    タンクや器材をセッティングする所に作られた木で作られた床と手すりが、見事にぶっ壊れていました。 セッティングするスペースが減って、いつもより混雑感が増していました。 海の中も、砂の巻き上がりがおさまっておらず濁っていました。海底に目をやっても岩場に砂が降りかかっていて、海の中全体が白っぽかったです。

    地図書き

    カメラが修理中で海も濁っていた為、水中で地図書きに専念しました。1年前くらいから書き始めましたが、最初は何がなにやらさっぱり分かりませんでした。 しかし、最近は分からないながらも分かってきたような気がしてきました。来年辺りには、自分がセルフダイビングを出来るかどうかの判断が付くような気がします。

    耳と鼻

    私の場合耳の抜け方に左右の違いがあって、大抵右の耳が抜けにくいです。今日は右耳が若干抜けにくかったものの、 潜行直前に耳抜きをするのは、私にとって効果的のようで、楽しいダイビングをすることが出来ました。

    費用

    海洋公園12  2003年10月08日(水)  このページのtopへ
    日付場所天気気温水温透明度保護スーツ
    2003年10月08日(水)海洋公園雲19℃北東-強23℃18m5mmフルスーツ

    荒れていた

    2003-10-08海洋公園 強風の様子 2003-10-08海洋公園 波の様子 天気予報で北東の強い風がふくと予想されて、天気図にも近くに前線があったので、素人の私にも海洋公園へ行く前から荒れているなと予想がつきました。 当然海洋公園はクローズで西伊豆に行くのだろうと思いながら海洋公園に行ったのですが、 なんと、潜水注意だけど開いているということでした。 海はこんな感じでビビリーの私は「カメラ持って行くの止めよう」と即決しました。

    アップアップしながらEN/EX

    エントリーのときは波に押し戻されそうになりながらも何とかブイの所まで泳ぎ着くことができました。 怖かったのはエグジットのとき、ガイドの人は波の収まったときを見計らってくれているのですが、 いつもより余計にもたついている為、次から次へと大きい波が来てむちゃくちゃ怖かったです。

    浅場は波揺れ、下は綺麗な暖かい水

    海面はものすごい波立っている割に水深15mくらいより下は静かな海でした。 しかも、凄く透明度の良い青い海でした。ただ、水深10mより浅くなると波揺れしていて、体が勝手に2〜3m横移動を繰り返すので遊園地の乗り物に乗っているようでした。 終わりのほう送り出しの辺りで安全停止をしていたのですが、波が崩れるとき空気を巻き込んでいてるので、小さな気泡で目の前が真っ白になりました。 プランクトンなんかが浮いている濁りは嫌ですが、小さな気泡で目の前が真っ白になるのはのスプライトの中を泳いでいるようでちょっと綺麗でした。

    ピンひとつで潜れず・・・

    バックルのピンが取れているバックルのピンがある片方のバックルにピンが無いためベルトがブラ〜ンとしている

    1本目波にもまれて壊れてしまっていたのか、2本目益々荒れてくる海を見てビビってしまいありえない力で引っ張ってしまったのか良く分かりませんが、 フィンに足を入れてベルトのゴムを引っ張った途端にバックル部分から何かが飛んでいきました。 必死で直そうとしましたが、何かおかしい・・・。 そこで、反対側のバックルと比較してよく見るとベルトのゴムを引っ掛けておくピンがなくなっていました。 ピンを探そうとしましたが、冷静になってみると波が打ち寄せるスロープで黒いプラスチックの小さなピンがあるはずが無い・・・。 もうすでに、他のメンバーの人がブイに向かって泳ぎ始めてしまっているため、「2本目は無理だな・・・」と思いました。 そこで、ガイドの人を呼び寄せピンの無くなったバックルを見せてダイビング中止となりました。

    あ〜あぁ〜・・・・・。

    ウエットスーツのまま器材セッティング場所に突っ立っていても北東の強風にさらされて寒いので、 さっき来た道を潜らないままトボトボと帰っていきました。 いつもこの道を歩く時は海のことを話したりしながら笑顔で歩く楽しい道のりなのですが、 今回は一人で胸に大きな穴が開いてしまったようで、すっかり腑抜けになって歩いていきました。 器材を洗うときもいつもならみんなでワイワイ洗うのに、今日は一人で・・・。 シャワーを浴びるときも、洋服に着替えるときも「いったい何のためにウエットに着替えたんだ」という言葉が頭の中を駆け巡りました。 挙句の果てに、メッシュバックに干してある器材をしまう時、いつもより一時間近く風にさらしていたのでよく乾いていたのですが 「いつもはもっと濡れているよな・・・・」とわけの分からないことを考える始末でした。
    下調べこの日撮影した壁紙費用
    10月7日 なし 費用

    海洋公園13  2003年10月22日(水)  このページのtopへ
    日付場所天気気温水温透明度保護スーツ
    2003年10月22日(水)海洋公園雨19℃北東-強22℃25m5mmフルスーツ
    潜水注意が出るほど結構荒れていたのですが、前回もっと荒れている海洋公園を見たため、それほどビビリませんでした。

    予報では午前中雨がぱらついてお昼頃から晴れると言うことだったのですが、 見事に1日中雨が降っていて、時よりシャワーのようなザーザー降りにもなりました。 一応、海の家の屋根つきベンチに座るのですが、風が強くて雨が吹き込んできていてやっぱり雨は嫌だと思いました。 ウエットスーツに着替え器材を持って器材セッティング場所に移動するとき、 これから海に入って濡れるかかわらず、雨に当たるのが嫌でした。

    また壊れたらどうしよう

    前回来た時、エントリー直前にフィンのバックルが壊れると言うアクシデントに見舞われました。 壊れたバックルはもちろん、壊れていないバックルもすべて交換したのですが、 タンクを背負いフィンを履くとき、「大丈夫かな・・・。」と心配になりました。 もちろん、バックルを全交換したため平気でした。

    前回よりは・・・

    台風2個接近+北東の風で、潜水注意が出ていました。 前回は来る波全部凄い波だったのですが、今回はたまに大きな波が来る感じでした。 ガイドさんが波を見ているので、前回に比べたら楽なエントリーでした。 それでも、ブイまで行くときは、波が高くて怖いのでシュノーケルではなくレギュレターをくわええていきました。

    一瞬ケラマのボートかと思った

    透明度が結構良くて、エントリーしてからブイにつかまって海に顔をつけると見渡す限りの海底が見えてる感じで、 ケラマのボートポイント級の透明度でした。
    下調べこの日撮影した壁紙費用
    10月21日 ハコフグ
    ハリセンボン
    クリーニング
    費用

    海洋公園14  2003年10月23日(木)  このページのtopへ
    日付場所天気気温水温透明度保護スーツ
    2003年10月23日(木)海洋公園晴22℃北西-中22℃25m5mmフルスーツ
    風は西よりの風に変わったのですが、やはり台風が2個も接近しているため、時より大きな波が来ていました。 ただ、昨日と違い天気が良かったので、それがとても嬉しかったです。

    14Lタンク

    特盛り卵味噌汁にお新香とサラダ、みたいなタンクでした。 いつものタンクに比べて1.4倍長持ちでしかも最初の圧力が224もありました。 タンクを背負ってもずっしりと重くて、水中に入ってもいつもと違うずっしりとした重みが感じられました。 で、何でそんなでっかいタンクを背負うのかと言うと、 2の根の裏側に行って見ようと言うことでした。 都市型ショップ時代は2の根は上級者ポイントだからともったいぶられていたのですが、 最近現地ショップに通うようになって普通に2の根に行っています。 しかも今回は14リットルタンクを背負い2の根の裏側に行くなんて、現地のショップは凄いなぁ

    お花畑

    2の根に着いて先っぽでいつもは引き返すのですが、 今回は、そっから先に行きました。 当たり前ですが、始めてみる景色で一面にソフトコーラルが広がっていました。 透明度が良かったので、とてもきれいでした。 いままで、伊豆でソフトコーラル綺麗ですと案内されても濁った海にポツンポツンとブヨブヨしたやつがあるという印象だったのですが、 今日のは本当にとてもきれいでした。

    ダイブタイム64分

    いつも、大体45分くらい潜っているのですが、今回はそれよりも20分も長かったことになります。 水温は22℃とそんなに低くはないのですがやはり潜っている時間が長いため最後の10分くらい寒かったです。 今回の発見したのですが、寒さの感じが冬とは違いました。冬は体の表面が寒い感じがするのですが、今回は芯から冷えたと言う感じでした。
    下調べこの日撮影した壁紙費用
    10月21日 ヒラメ2
    イッテンチョウチョウウオ
    あわあわ
    青い海
    費用

    伊豆海洋公園周辺の宿泊施設

    【e-Hotel】国内7,000軒の宿をネットで予約OK!!【JTB】
    【JTB】伊豆高原のおすすめ旅館・ホテル

    伊東・伊豆高原の施設一覧



    関連リンク

    伊豆ジモトグルメ
    東京都水産試験場海の天気図
    関東周辺の海の天気図です。
    だいたいの水温が分かるので、スーツ選びの参考になります。
    国際気象海洋(株)沿岸波浪予想(気象庁発表)
    波の様子がわかりやすく色分けされています。
    伊豆海洋公園の天気予報

    本で情報収集
    ダイビング関連書籍・DVD伊豆

    クリーニングの壁紙

    クリーニング【伊豆の海中壁紙 水中写真を壁紙にしました!】 800×600

    1024×768

    QVGA待受伊豆の海中待受

    撮影場所 撮影日 撮影時の
    海の様子
    海洋公園 2003年10月22日
    ミギマキという魚がホンソメワケベラに体の寄生虫なんかを食べてもらっているところです。こういうのをクリーニングと言いいます。

    ハリセンボンの壁紙

    ハリセンボン【伊豆の海中壁紙 水中写真を壁紙にしました!】 800×600

    1024×768

    QVGA待受伊豆の海中待受

    撮影場所 撮影日 撮影時の
    海の様子
    海洋公園 2003年10月22日
    怒って膨れるとハリハリになるハリセンボンです。岩のくぼみにすっぽりとはまっていました。

    ハコフグの壁紙

    ハコフグ【伊豆の海中壁紙 水中写真を壁紙にしました!】 800×600

    1024×768

    QVGA待受伊豆の海中待受

    撮影場所 撮影日 撮影時の
    海の様子
    海洋公園 2003年10月22日
    この前いきなり!黄金伝説で濱口さんに突っつかれていました・・・。伊豆の海にはよくいます。

    青い海の壁紙

    青い海【伊豆の海中壁紙 水中写真を壁紙にしました!】 800×600

    1024×768

    QVGA待受伊豆の海中待受

    撮影場所 撮影日 撮影時の
    海の様子
    海洋公園 2003年10月23日
    沖縄の海ではありません。伊豆の海です。

    あわあわの壁紙

    あわあわ【伊豆の海中壁紙 水中写真を壁紙にしました!】 800×600

    1024×768

    QVGA待受伊豆の海中待受

    撮影場所 撮影日 撮影時の
    海の様子
    海洋公園 2003年10月23日
    まるでスプライトの中にいるみたいな感じです。あわあわの正体はたまたま私の下を泳いでいた誰かの吐いた息です。あわあわの正体を知るとちょっとがっかりする壁紙です。

    イッテンチョウチョウウオの壁紙

    イッテンチョウチョウウオ【伊豆の海中壁紙 水中写真を壁紙にしました!】 800×600

    1024×768

    QVGA待受伊豆の海中待受

    撮影場所 撮影日 撮影時の
    海の様子
    海洋公園 2003年10月23日
    私には良く分かりませんが、海洋公園でこの魚が見られるのは非常に珍しいらしいです。

    ヒラメの壁紙2

    ヒラメ2【伊豆の海中壁紙 水中写真を壁紙にしました!】 800×600

    1024×768

    QVGA待受伊豆の海中待受

    撮影場所 撮影日 撮影時の
    海の様子
    海洋公園 2003年10月23日
    砂地から岩の上に移ったばかりで体の色を岩に合せて変える前みたいです。思いっきり目立っていました。

    ダイビングログメニュー
    場所別ログ年別ログ月別ログ
  • ケラマ
  • 三宅島
  • 井田
  • 伊東
  • 伊豆海洋公園
  • 初島
  • 勝浦
  • 城ヶ島
  • 大瀬崎
  • 琴ヶ浜
  • 逗子
  • 雲見
  • 2001年のログ
  • 2002年のログ
  • 2003年のログ
  • 2004年のログ
  • 2005年のログ
  • 2006年のログ
  • 2007年のログ
  • 2008年のログ
  • 1月のログ
  • 2月のログ
  • 3月のログ
  • 4月のログ
  • 5月のログ
  • 6月のログ
  • 7月のログ
  • 8月のログ
  • 9月のログ
  • 10月のログ
  • 11月のログ
  • 12月のログ



  • 初心者ダイバーの気持ちダイブログ>海洋公園のログ(10月)
      
    伊豆の海中待受
    初心者ダイバーの気持ち 〜スキューバダイビングの不安や疑問〜
    ダイバーになる前 ダイバーになる時 ダイビング費用計算
    沖縄 ダイビングログ 伊豆の海中壁紙
    水中デジカメ 器材 最近のblog
    アクセスランキング 耳抜き 前のblog

    Thursday, 28-Aug-2014 14:38:07 JST