初心者ダイバーの気持ち日々思うこと>ダイビング器材を買うタイミング

伊豆の海中待受
初心者ダイバーの気持ち 〜スキューバダイビングの不安や疑問〜
ダイバーになる前 ダイバーになる時 ダイビング費用計算
沖縄 ダイビングログ 伊豆の海中壁紙
水中デジカメ 器材 最近のblog
アクセスランキング 耳抜き 前のblog


2003年の日々思う事
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2002年の日々思う事 2004年の日々思う事 2005年の日々思う事 2006年の日々思う事
日々思うことを、種類別にまとめました。
耳抜きで思う事 デジカメで思う事 器材で思う事 日々思うこと入門編

2003年3月分 目次
器材を買うタイミング ダイビング用お勧めカメラ MINOLTA DiMAGE Xt ダイビング持ち物リスト
IXYとPowerShotの新製品 ダイビング旅行の荷物2 OLYMPUSの新製品と新情報 今月のダイバー
ダイビングの荷物3(ゆうパック編) Panasonic LUMIX DMC-F1 SONY DSC-P10とDSC-P8 オーバーホール3
花粉症中間報告 こんなダイビングサービスがいい ダイビングスクールの信用性

ダイビング器材を買うタイミング  このページのtopへ

ダイビングをやっている人は大抵自分の器材を持っています。ただその器材をまともに揃えると、数十万もしてしまいます。 ダイビングに興味があり始めたからといって途中で嫌になってしまわないとは限りません。 「海に潜ってみたら水の中が怖かった」とか「講習中溺れたから嫌になった」とかで二度とダイビングなんかやりたくないと思ってしまうかもしれません。 それなのに、講習中から自分の器材を使った方が良いとかで、講習を初める前からダイビング器材を全部買わせようとするショップもあるそうです。 お金が有り余っていて数十万のダイビング器材が無駄になっても気にしない人なら別ですが、不況の世の中そんなバブリーな人はそうはいないはずです。 そこで、なるべくリスクが少なくダイビングの器材を買いそろえていく方法を考えてみました。

器材を買うタイミングの目安
タイミング オープンウォーター講習中 検討期間
タンク本数1〜10本位
10本位〜
揃える器材 なんにも買わない

軽器材

ウエットスーツ
マスク
シュノーケル
ブーツ
フィン
グローブ
メッシュバック
重器材軽器材全て揃う
レンタルする器材 フルレンタル
ウエイト

重器材

レギュレーター(1st 2nd oct 残圧計のセット)
BC
ウエイトのみ

オープンウォーター講習

ダイビング器材はそれぞれのメーカー、モデルによって操作方法に若干の違いはありますが、問題になるほど違いはないと思います。 「人から車を借りた時、最初はとまどうけれど基本的な構造は一緒なので運転に支障は無い」というのに似ていると思います。 ですから、講習の時と講習後揃える器材のメーカー・モデルが違っても支障はないと思います。
又、「講習の時から器材を使った方が慣れるのが早い」とか言う理由で講習前にフルセットの購入を勧められるとは思いますが、 続けるかどうか分からない未知のモノに、数十万払ってまでその「慣れ」が重要かと言われるとちょっと疑問なような気がします。 「器材を買わないと講習を受けられない」とか、もの凄い勢いで器材の購入を勧められたら、そのショップはヤバイかもしれません。 器材購入に関するトラブルは国民生活センターなどにも寄せられているようですので、決して流されないようにしてください。

検討期間

Cカードを取得して、もっと潜りたいと思った時、まず揃えた方が良い物は軽器材と呼ばれるモノです。ウエットスーツは体にピッタリと合っていないと意味がないモノなので、 オーダーしましょう、安い所を探せば、5mm表ジャージ裏リペル(裏リペルのモノが着やすくてオススメです。)を3〜4万円でフルオーダー出来ます。2万円台もあり得ます。 ウエットスーツはある意味消耗品なので、体にフィットしていれば高い物を買う必要はありません。 その他のマスク・シュノーケル・ブーツなどは人が使ったモノは何となく嫌なものなので最初に買った方が良いと思います。また、それらの器材を入れるメッシュバックというモノも買いましょう。 フィンとグローブも買ってしまいましょう。重器材と言われるレギュレターとBCも一緒に買っても良いのですが、 値段が高いのでもう少し考えてみましょう。しかし、重器材のレンタル料金は高いです。 両方借りて4〜7千円位しますので、「借りるより買った方が安いな」と感じたら、重器材を買ってもいい時期だと思います。

ウエイト

ウエイトというのは鉛の固まりでそれを腰に巻いて潜ります。このウエイトは重くて持ち運びに不便なのでだいたい借ります。 ファンダイビングの明細には大体、
タンク・ウエイト・ガイド・施設利用料
などと書いてあり、ウエイトは借りるのが当たり前みたいな感じなので普通は買わずにずっと借り続けます。
2003/3/1
関連リンク
Cカード協議会悪質商法に注意!

スキルアップログ
Cカード取得体験記
Cカードを取ろうと思うまで
Cカード取得で思うこと
BCとダイビングコンピュータ
器材で思う事

腕時計型ダイビングコンピュータ一覧


日々思うこと入門編

プールの講習Cカードダイビング的カーライフダイビングは危険がいっぱい
なぜ、水泳用の水中メガネを使わないのか?南の島でダイバーにダイバーになった後・・・ダイビング器材を買うタイミング
ダイビング持ち物リストダイビングスクールの信用性NHK趣味悠々都市型ショップ→現地ショップ
ダイビング都市型ショップ卒業現地ショップでの一日適正ウェイト現地ショップで潜ってみよう
普段からプールで水に慣れておこう ダイビング前夜 ダイビング理想と現実 ダイビングの凄いところ
伊豆は秋 水の中で目を開けて泳いでみよう 友達が「やろうかな」と言い出した。




初心者ダイバーの気持ち日々思うこと>ダイビング器材を買うタイミング
  
伊豆の海中待受
初心者ダイバーの気持ち 〜スキューバダイビングの不安や疑問〜
ダイバーになる前 ダイバーになる時 ダイビング費用計算
沖縄 ダイビングログ 伊豆の海中壁紙
水中デジカメ 器材 最近のblog
アクセスランキング 耳抜き 前のblog

Thursday, 28-Aug-2014 14:38:07 JST