初心者ダイバーの気持ち日々思うこと>2003年2月分

伊豆の海中待受
初心者ダイバーの気持ち 〜スキューバダイビングの不安や疑問〜
ダイバーになる前 ダイバーになる時 ダイビング費用計算
沖縄 ダイビングログ 伊豆の海中壁紙
水中デジカメ 器材 最近のblog
アクセスランキング 耳抜き 前のblog


2003年の日々思う事
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2002年の日々思う事 2004年の日々思う事 2005年の日々思う事 2006年の日々思う事
日々思うことを、種類別にまとめました。
耳抜きで思う事 デジカメで思う事 器材で思う事 日々思うこと入門編

2003年2月分 目次
オーバーホール2フリープランはねらい目 ダイビングフェスティバル2003マリンタビ
今月のダイバー OLYMPUSからμ-20 DIGITAL なぜ、水泳用の水中メガネを使わないのか? 南の島でダイバーに
ダイバーになった後・・・

ダイバーになった後・・・  このページのtopへ

南の島でダイバーになり
Cカードを取ってから30本も潜ると徐々に慣れてくるようで、段々リラックスした気持ちで潜れるようになり楽しくなってきます。 これは、カードを取ってから30本は間をおかずに潜ったからそう思えたのではないかと思います。

慣れるまで一所懸命通う

Cカードを取った後、頻繁に通うためにも現地サービスを探しましょう。 伊豆で言うと大瀬崎伊豆海洋公園が有名なダイビングポイントで、 そこには沢山の現地サービスがあります。 多くの現地サービスではリフレッシュコースとかぺーバーダイバープランというものがあり初心者でもちゃんと受け入れてもらえます。 初心者向けプランを利用して2週間に一回くらい間隔で現地のダイビングサービスに通いとりあえず30本潜ってしまいましょう。

器材をどうするか

オープンウォーターの講習をやったり何本か潜る頃には自分が器材を買うべきかどうか? どんな器材を買えばいいか?何となく分かってくるはずです。 そうしたら、器材量販店に行きましょう、 ここで、店員さんに「カード取ったばかりで一通りそろえたい」と言うのもイイですし、 インターネットやダイビング雑誌などで、自分の好みのモノを探すのも良いと思います。

お金の話

ダイビングの初期費用としてダイビングの講習費用と、ダイビング器材の費用は考えていると思いますが、 カード取得後慣れる為の30本を潜る為の費用も初期費用として最初から考えておきましょう。 2003/2/24
関連リンク
Cカード協議会悪質商法に注意!

スキルアップログ
Cカード取得体験記
Cカードを取ろうと思うまで
Cカード取得で思うこと


  南の島でダイバーに  このページのtopへ

私がダイビングを初める前、一番分からなかったのが「都市型ショップ」というモノでした。インターネットで調べてみると、 安い講習費用に誘われて行ってみるとダイビング器材をべらぼうな値段で買えと言われ、 「お金がないと」言っても、「ローンがある」とか言われ買わされてしまったとか「えっ???」と言うような事例が簡単に見つかったりします。 もちろん素晴らしい都市型ショップもたくさんあると思いますが・・・ 私はダイビングを初めてもう3シーズン目に入ろうかという頃ですが、今でもこの都市型ショップ選びというのはかなり難易度が高いように思います。 そこで、あえてこの難易度の高い都市型ショップ選びをせずにダイバーになる方法というのを考えてみました。

暖かい南の島に行こう

まず、ダイバーになる第一歩のオープンウォーター講習は沖縄、グアム、サイパンなど現地ショップと言われる所で、取ってしまいましょう。 私は沖縄で講習を受けたのですが、沖縄の海は暖かく青い海で魚の数も多くてイメージ通りでとても楽しかったです。 今では伊豆で潜るのが好きになりましたが、初めて伊豆で潜った時、水は濁っていて魚の数も少なく、 いたとしても地味な色で私のイメージするダイビングとはほど遠かったです。 私の場合、伊豆で講習を受けていたらすぐにダイビングが嫌になっていたかもしれません・・・ 南の島で講習を受ける場合、旅雑誌とか旅行会社のパンフレットで情報は仕入れられます。 旅行会社で申し込めば、器材を買えと強要される心配は、ほぼ無いと思うのでお金の面の安心度は高いと思います。 この手のツアーは南の島に行けてダイビングの講習が付くのにそんなに高くありません。 飛行機、ホテル、講習費用、器材レンタル費用などがセットになって7〜8万で探せると思います。 (面白いことに都市型ショップで講習を受けても、器材を買わないと、南の島で取るのと同じくらい講習費用が掛かったりするようです。) ちなみに、延泊して講習が終わった次の日にファンダイビングを追加ですると、講習でやったことが身に付きやすくなると思います。

器材は後で考える

中には、講習の段階でダイビングに向いていなかったりして嫌になってしまったりするかもしれませんので、 南の島でCカードを取って家に帰ってきて初めて器材を買うかどうか決めればいいと思います。 続ける気がある場合はダイビングのレンタル器材はボロボロな割にレンタル料金が高いので、買った方が特です。
ダイバーになった後・・・へつづく。 2003/2/23
関連リンク
Cカード協議会悪質商法に注意!

スキルアップログ
Cカード取得体験記
Cカードを取ろうと思うまで
Cカード取得で思うこと


  なぜ、水泳用の水中メガネを使わないのか?  このページのtopへ

水泳の時に使う水中メガネは目だけ覆いますが、ダイビングの時に使う水中メガネは目と鼻を覆います。 ダイビングの時に使う水中メガネのことを一般的にマスクと言います。
人間の目は水中ではほとんど見えません。視野が確保出来ないと危険ですし、 水中で魚とか風景を見ることがダイビングの楽しみの1つなので、視野を確保するマスクは重要です。 私がダイビングを初める前、「なぜ、水泳用の水中メガネを使わないのか?」と思いました。 水泳で使う水中メガネでも視野を確保出来るのでダイビングでも使えそうな気がしたからです。 もしかして私と同じような疑問を持っている人がいるかもしれないので、水泳用の水中メガネじゃダメな理由を書きます。

鼻から水が入ってくるから

水泳で顔を付けている間は、鼻から息を出し続けていないと、鼻に水が入ってきてしまいます。 ダイビングはずーっと潜っているので、鼻を覆っていれば、鼻から息を出し続けている必要がなくなります。 それでは、シンクロナイズドスイミングの人が付けている鼻栓をすれば、鼻に水が入ってこないので水泳用の水中メガネが使えそうですが、 以下の理由からやっぱりダメです。

水が入ってきたらどうしようもないから

水中メガネをしてしばらく泳いでいると、顔との隙間からと水が入ってきたり、ずれたり、はずれたりしてしまうことが良くあります。 そうすると気分が悪いので立ち上がって水中メガネを付けなおしたりしたりします。 水泳ではこういう事を気軽に出来るのですが、ダイビングは4〜50分深い所を潜りっぱなしですので、いちいち浮上してマスクを付けなおしたりするのは面倒くさいですし、 潜ったり浮上したりを繰り返すのは事故に繋がります。 そこで水中でマスクの中にたまった水を鼻息で排水するマスククリアという技を使います。 水中メガネに鼻栓だとこのマスククリアが出来ないので、ダイビングマスクの方が良いと言うことになります。

目が腫れて大変なことになるから

マスクを付けて潜っていくと水圧でマスクが顔に押しつけられてきます。 さらに無理して潜ると目が痛くなり、目が腫れて大変なことになります。 最終的に出目金のような感じになると思われます。 それを解消する為に鼻から「フンッ」と息を出して、水圧とマスクの中の気圧を均衡させます、 水中メガネと鼻栓では圧力を均衡させる事が出来ませんので、ダイビングでは使えないと言うことになります。 ちなみに鼻から「フンッ」とやり忘れ、目が腫れて大変なことになってしまうことをマスクスクイズと言います。 2003/2/19
関連リンク
Cカード協議会悪質商法に注意!

スキルアップログ
Cカード取得体験記
Cカードを取ろうと思うまで
Cカード取得で思うこと
BCとダイビングコンピュータ
器材で思う事

腕時計型ダイビングコンピュータ一覧


  OLYMPUSからμ-20 DIGITAL  このページのtopへ

OLYMPUS
デジカメの名前 ハウジング 有効画素数 電池 マクロ撮影距離 記憶メディア 水中での電源ON/OFF
μ-20 DIGITAL PT-016 400万画素 リチウムイオン充電池 20cm xDピクチャーカード 多分NG

320万画素のμ-10 DIGITALが発売されたと思ったら、今度は400万画素のμ-20 DIGITALが登場しました。 μ-20 DIGITALとμ-10 DIGITALはハウジングも一緒ですし、画素数と値段以外にあんまり違いはないようです。 私としては、320万でも十分な気がしますけど、画素数は多いほどイイと思う人には良いかもしれません。

これはオススメ

ここ一年ダイビングで使えるデジタルカメラを色々ウォッチしていますが、ハウジングの中のカメラが生活防水仕様というのは安心感があって画期的です。 カメラの機能よりも水没のことが気になる人は、このμ DIGITALシリーズで決まりって感じがします。

発売時期など

製品名 希望小売価格 発売時期
μ-20 DIGITAL 63,000 円 2003年 4月下旬
PT-016 20,000 円 2003年 3月下旬
2003/2/18
関連リンク
CAMEDIA C-5060 Wide Zoom
OLYMPUSの新製品と新情報
OLYMPUSからμ-20 DIGITAL
OLYMPUSからμ-10 DIGITAL
OLYMPUSから新製品
純正ハウジングのあるデジカメ 〜OLYMPUS〜

OLYMPUS
【amazon.co.jp】オリンパスのデジタルカメラ
【amazon.co.jp】Oリング
【amazon.co.jp】バランスウエイト

デジカメで思う事

★ 純正ハウジングのあるデジカメ一覧表 ★
(水中デジカメ欲しい人必見です!!)

楽天ブックス

【楽天市場】スペック検索>デジタルカメラ
【amazon.co.jp】デジタルカメラ
【amazon.co.jp】ハウジング(防水・防塵プロテクタ)
【amazon.co.jp】メモリーカード


  今月のダイバー  このページのtopへ

今月の月刊ダイバーも海外のリゾートがいっぱい載っていました。比較的安く行けるアジアが特集されています。

鼻血(P24)

ダイビングの時に出る鼻血は耳抜きがうまくいかなかったり、鼻の調子が悪いと出ます。 鼻の調子が悪めの私にとって鼻血はとても重要なテーマです。 オープンウォーター講習の時に鼻血を出さなかったら、このサイトを作ろうとは思わなかったのではないかとも思います。 耳抜きがうまくいかない人は、さらっと読んでおくと良いと思います。

ケラマ(P82)

私が、「今年行くぞ!!」と意気込んでいる、ケラマが特集されていました。 いまは、クジラが見られるそうです。海の中でクジラの声が聞こえたり、ボートで移動中に遭遇出来るかもしれないらしいです。 最近ケラマあたりでは、「オニヒトデ」が異常発生していて珊瑚礁が危ないらしいです。(P98)には、 募金のお知らせが載っていました。 琉球朝日放送沖縄県ダイビング安全対策協議会で、 受け付けています。

潜水事故速報(P118)

2002年の潜水事故の概要が載っていました。去年は残念ながら10名の方が亡くなられたようです。 こういう情報はチェックして、安全なダイビングを心がけたいと思いました。この記事の後(P122)には、 減圧症の記事が載っていました。海外リゾートの無制限ダイビングとか連日の1日3ダイブなどで減圧症になる人が増えているようです。 2003/2/14
関連リンク
月刊ダイバー -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp
2004年
1月号2月号3月号4月号

2003年
1月号2月号3月号4月号5月号6月号7月号8月号9月号10月号11月号12月号

2002年
5月号6月号7月号8月号9月号10月号11月号12月号



  マリンタビ  このページのtopへ

日本には地下足袋というモノがあります。私は地下足袋というモノを履いたことがないのですが、 足にピッタリとフィットして、親指が独立しているので靴よりも地面を捉える力が強くて足場の悪い所などに適しているようです。 高層ビルの鉄骨を組んだりする鳶の人や山林で作業をする人などが愛用していたりします。 足場の悪い所で作業しているプロが使っていることを考えると地下足袋というモノは機能的にはかなり良いんじゃないかと思います。 NIKEから地下足袋みたいに先割れのAIR RIFTという靴を発売されているのを考えると、 靴メーカーの研究でもイケテルと判断されてるんじゃないでしょうか?

ダイビングにも地下足袋

マリンタビ ダイビングの器材は水中用なので歩く時のことは考えていないと思われます。フル装備を身につけると舗装された平らな道でさえ気を付けて歩かないと転けそうになったりします。 しかも、エントリーがビーチの場合は足場の悪い所が多いのでなおさら危ないです。 スロープのある所はまだ良いのですが、石がゴロゴロしていて、その石は濡れていてコケまで生えています。 風が強くって波がジャバジャバしているとさらに転けやすくなります。と言うか私は何度も転けています。 転けにくくする為にはやっぱり地下足袋だなと考えた人がやっぱりいたようです。

ダイビングフェスティバルで・・・

ダイビングフェスティバルでマリンタビというモノを見つけました。 前にもMICで見たことがあるのですが、 改めて欲しくなってしまいました。でも、今履いているブーツ当分壊れそうにないので実際買うのは当分先になりそうです。 2003/2/11
関連リンク
BCとダイビングコンピュータ
器材で思う事

腕時計型ダイビングコンピュータ一覧


  ダイビングフェスティバル2003  このページのtopへ

お台場で行われた、ダイビングフェスティバルに行って来ました。私はもう器材は一通り持っているので、 新しい物を買う予定がありません。 なので、わざわざ小一時間もかけてお台場まで行かなくても良いんですけど、いろんなメーカーの器材を見て触ってカタログやおみやげをもらったりして、 やっぱりお祭りは楽しいモノです。

あ、あのメーカーが出展していない

会場を一通り見てみて、そう言えば・・・あのメーカーは何処だ??と思いました。 ダイビングのメーカーにも大きいメーカーと思われる所があります。 当然今年も出展しているだろうと思って、探してみても無い・・・・!! 会場のパンフレットを見ると名前がありませんでした。名前を挙げると エスエーエスクレッシーサブアポロなんかです。 なんかちょっと寂しい感じがしました。

そういえば・・・

話はそれますが、私はMacintoshユーザーなので、 毎年この時期になるとマックワールドエキスポという展示イベントに幕張までわざわざ行っていました。(ちなみに今年は開催されません) でも何年か前から行かなくなりました。それは何でかな〜と考えるとやっぱりインターネットが原因なんじゃないかと思ったりします。 インターネットが発達するまでは新製品の情報収集といえば、ダイビングフェスティバルだったりマックワールドエキスポみたいな展示会しかないみたいな感じでしたが、 最近は新製品の発表もインターネット製品のカタログもメーカーのサイトで確認、製品に関する質問はメールでする、みたいになってしまいました。 そうするとメーカーの方もネットで事足りる部分があるので、 「お金もかかることだし今年は止めよっか。」みたいな感じになってきてしまうのかな・・・・と勝手に思ってしまいました。 見当違いかもしれませんが・・・・ 2003/2/9
関連リンク
BCとダイビングコンピュータ
器材で思う事

腕時計型ダイビングコンピュータ一覧


  フリープランはねらい目  このページのtopへ

航空会社からいろんな割引が出ていますが、だいたい羽田から那覇まで往復2万円です。 これが一番お得だと思っていたのですが、もっと良い物を発見しました。 羽田から那覇までの往復航空券と1泊分のホテルが付いたパックです。 旅行会社からフリープランとかビジネスパックという名前で発売されています。 1泊2日フリープランと書いてあるのですが、大抵の場合、飛行機に乗る日とホテルに泊まる日を自由に設定出来ます。 例えば1日目羽田から那覇に行きそのまま渡嘉敷島へ渡ります。渡嘉敷で何泊かしてから那覇に戻り、 プランで指定されたホテルに1泊し翌朝羽田に帰るというのが可能みたいです。

割引航空券よりもイイ

驚きは値段です。時期によってもちろん違いますが、往復の航空券とホテルが付いているのに2万円ちょっとです。探せば、2万円以下もあり得ます。 那覇に1泊でも宿泊する予定があるのなら、こっちの方が絶対特だと思いました。 それに、航空会社の割引航空券は時期が結構限定されて設定されていますが、旅行会社のプランは幅広く設定されています。

ヘトヘト

一昨年渡嘉敷に行った時、 超割で行ったのですが、取れたチケットが早朝の便でした。 もの凄い早起きをして羽田を一番の飛行機で出ても、渡嘉敷にはお昼を過ぎてしまいます。 早朝出発と長旅の疲れから着いた時は本当にヘトヘトでした。 元々到着日に潜る予定はなかったのですが、羽田から一気に渡嘉敷島に行くのは正直疲れるな・・・と思いました。

失敗から学ぶ

早起きの嫌いな私が考えているのは、第1日目ゆっくりと羽田を出てその日は那覇で観光をしてプランで指定されているホテルに泊まります。 第2日目朝一番の渡嘉敷島行きのフェリーに乗りその日から2本潜るという方法です。 フリープランを使えば、値段はほとんど変わらずに、割引航空券のように期間を限定されずに、楽に渡嘉敷に行くことが出来ます。 2003/2/3
関連リンク
ケラマのログ
沖縄のダイビングポイントマップ
沖縄の本

All About [沖縄]
All About [ビーチリゾート]

【JTB】沖縄のおすすめ旅館・ホテル
フリープランはねらい目 那覇フリープラン


  オーバーホール2  このページのtopへ

先週の大瀬で、ファーストステージとDATATRANS PLUS発信器の接合部分から空気が漏れているとガイドの人から教えてもらいました。 そう言えば、器材を買ってからオーバーホールをせずに2シーズン経っています。 これから、花粉が飛び始め、甜茶を飲んでいても、花粉が無くなるまで潜れそうもありません。時期としては丁度良いのでレギュレターのオーバーホールをすることにしました。

オーバーホールとは

オーバーホールというのは、分解して、点検して、壊れている部品があれば新しいモノに取り替えることです。 人間は陸でしか呼吸出来ないので水中でダイビングの器材が壊れると大変です。下手すると死にます。 壊れてしまうとしゃれにならないので、壊れないうちに、水中で壊れないようする為に分解・点検・修理をします。

ゴムが劣化する

ガイドの人のように毎日使っている人は、点検が重要そうですが、使っていないからと言って点検しなくて良いと言うことではないらしいです。 ダイビングの器材にはゴムが沢山使われています。ゴムは、時間と共に劣化するので定期的に取り替えなければいけないらしいです。

金属が錆びる

レギュレターの中には金属の部品もあって、ダイビングの後に、ダストキャップをシューッとやって 内部に潮が入らないようにしているつもりでも、塩が入ってしまっていて錆びていたりするらしいです。

汚れている

聞いた話によると、レギュレターの中に水垢とかがこびりついていたりするらしいです。 口に付けるモノが水垢で汚れているなんて、嫌ですね。

アフターサービス無しかよ・・・

器材を買ったショップにオーバーホールを頼んだのですが、すでにショップとして機能していないのか「自分で探してくれ・・・」みたいな言葉を頂いたので、 自分で探して頼んでみました。続きはまた今度・・・ 2003/2/1
関連リンク
オーバーホール
オーバーホール2
オーバーホール3
2回目のオーバーホール
3回目のオーバーホール
BCとダイビングコンピュータ
器材で思う事

腕時計型ダイビングコンピュータ一覧


2003年の日々思う事
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2002年の日々思う事 2004年の日々思う事 2005年の日々思う事 2006年の日々思う事
日々思うことを、種類別にまとめました。
耳抜きで思う事 デジカメで思う事 器材で思う事 日々思うこと入門編





初心者ダイバーの気持ち日々思うこと>2003年2月分
  
伊豆の海中待受
初心者ダイバーの気持ち 〜スキューバダイビングの不安や疑問〜
ダイバーになる前 ダイバーになる時 ダイビング費用計算
沖縄 ダイビングログ 伊豆の海中壁紙
水中デジカメ 器材 最近のblog
アクセスランキング 耳抜き 前のblog

Thursday, 28-Aug-2014 14:38:07 JST